ガラス下地とウインドウシールド! – 艶将軍

ガラス下地とウインドウシールド!

EasyNanoウインドウシールド, コーティング

メルセデスベンツE350、コーティング定期メンテナンスと一緒にガラス面磨きとガラス撥水コーティング(艶将軍EasyNanoウインドウシールド)をご依頼頂いたので、ガラス面の作業をピックアップさせて頂きます^_^

洗車後、ガラス面の水分を拭き取りますと、ジワジワとシミが浮き上がってます(^^;;

これは、ガラス面に付着している汚れと、シリカスケールといわれるシミです!このシミ状のものは、凹凸があり水が引っかかって水溜りが出来て、このままですと、さらに水溜りに水が引っかかりシミがどんどん酷くなっていきます(^◇^;)

このまま、ガラス撥水コート剤を施工しても、シミの凹凸に引っかかって、撥水効果が発揮されません…

なので、撥水剤を塗布する前にガラス面をキレイにします^ ^

サイドガラスも同じです!

フロントガラスにもありますね(^◇^;)

合わせガラスのフロントガラス以外の強化ガラス部分(リアガラス、サイドガラス)には、スケール除去剤にてまずは固着しているシミを溶かし落とします^ ^

シリカ成分を溶かす(ガラスも同じ成分なので細心の注意が必要です)ので、素早く作業します!

水で濯ぎまして、乾燥後、シリカスケールが除去出来てるか確認作業を繰り返して作業していきます、なかなか手間がかかる作業なのです(^◇^;)

サイドガラスも同じ作業やります!

フロントガラスに使われる合わせガラスは柔らかいので、スケール除去剤はNGです。なのでフロントガラスは、ガラス磨き剤を使用しまして、オーピタルサンダーにて磨いていきます^ ^

半分磨き終わった状態です!

奥側が磨き後で手前が作業前です、磨き後はしっかり親水状態になりスケールの凹凸がなくなりました!手前部分は撥水とは言わず、水が引っかかってる水溜りです(^^;;

手前部分も磨きます!

リアガラス乾燥して確認後、ウインドウシールドを施工します!

サイドガラスも!

フロントガラスも油膜、スケール除去して乾燥後ウインドウシールドを施工します♪

艶将軍EasyNanoウインドウシールド施工ですが、厚く塗るよりは薄く塗り、ムラなく2〜3回重ね塗りした方が効果は良いです!

あと、塗りムラが無くなるぐらいまで塗り広げますと、余剰成分をマイクロファイバークロスで拭き取る時、楽になるので、乾くまで塗り広げた方が後々楽ですよー♪

施工後、念のためスプレーで水を吹きかけてみました!艶将軍EasyNanoウインドウシールドは完全に効果発揮するには通常24時間必要なので、施工直後はなるべく濡らさない方が良いです!

施工直後より、完全乾燥後の方が撥水力は強めになります^_^

艶将軍EasyNanoウインドウシールドは、》艶将軍ネットショップ、もしくは店頭にて販売しています!

Amazonでの販売はもう少し後になりますので、ご理解くださいませ♪

ラベルデザイン案はこんな感じです♪

ラベルデザイン横の一言は、遊び心だと思ってください笑

製品版完成まで今しばらくお待ちくださいませ♪

インスタグラムには動画も含めアップしてますので、よかったら見てください^_^

フォローもよければしてもらえると嬉しいです(o^^o)

艶将軍Instagram

艶将軍カーケア商品を試してみよう!

艶将軍セルフコート剤、艶将軍ボタニカルシャンプーにはお試し版ございます!お試し版セットは、艶将軍セルフコート剤50ml+艶将軍ボタニカルシャンプー200mlになります!まずは、お試し版からどうぞ!
※お試し版は、初回ご購入1回のみとさせて頂きます!

お試し版ご購入はこちらから!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ